修繕や改築でワクワク住宅変身~Best Homeを創ろう~

home coating

床のコーティング

マンションでの施工

home coating

これまで床を加工するにはワックスしかありませんでした。ワックスは塗った直後は一時的に汚れや水分が染み込まないようにできますが、短期間で効果が切れてしまい頻繁に塗り直さなくてはいけない問題がありました。 現在業者が施工しているフロアコーティングは、品質も耐久性も昔のワックスとはまったく違うものになっています。このフロアコーティングは、一度施工したあとは最短で半年、最長では十年二十年もその状態が保てます。 一軒家やマンションにこの先長期間居住が決まっている場合は、長期間きれいな状態を維持するためにも是非施工しておくといいでしょう。施工はコーティングの内容や、施工業者によって金額が違ってきます。そういった理由からも、依頼する時は必ず他社と比較してから施工業者を決めるようするべきです。

マンションで施工する場合は、賃貸かそうでないかで後の処理が違ってきます。賃貸のマンションの場合は、いずれ出て行くことも考えると勝手に施工するのはお勧めできません。 賃貸マンションでフロアコーティングの施工をする場合は、管理会社への事前の説明や許可がいります。またその物件を出て行く際は原状回復のため、施工を剥がすなどの処置が必要になる場合もあります。 分譲の場合はその心配はなく、好きなように加工ができます。ただしいくら耐久性があるものを選択したとしても、いずれ施工は劣化して塗り替えが必要になることが覚えておいたほうがいいでしょう。 フロアコーティングを行う時は、施工が大掛かりになるためできれば引越し前に完了しておくのがいいはずです。計画的に行えば荷物を運び出したりといった必要がなくなるので、時間も労力も無駄にせずにすむのでお勧めです。

Copyright © 2015 修繕や改築でワクワク住宅変身~Best Homeを創ろう~ All Rights Reserved.